なぜ株取引はインフレ対策になるか

ある程度資産を持っている方は、インフレを懸念している事があります。その場合、株取引も前向きに検討してみると良いでしょう。自分の資産の一部を株にしておくことは、大いに意味があります。

インフレはどのような現象か

インフレとは、貨幣価値が下がってしまう現象の1つです。物価は上がってしまう半面、貨幣価値は下がってしまう訳です。
例えばある時期までは、ある商品の価格は200円だったとします。ところがインフレが発生してしまいますと、その商品の価格は高騰してしまう訳です。200円どころか、400円や800円などの値段になってしまいますから、物価はかなり高くなるのは明らかです。
物価が高くなってしまえば、貨幣価値も下がります。それだけに自分の資産の価値も減ってしまうとも言えるのです。インフレ前は300万円相当の現金も、200万円や100万円台にまで下落してしまう事もよくあります。

資産の一部を株にしてインフレに備える

そのインフレに備える為に、株にしておくやり方がある訳です。もしも現在の自分の資産が300万円の時は、その内の100万円だけ株にしておくやり方があります。
というのも上場企業の株券は、実はインフレに強い一面があります。たとえインフレによって現金の価値が下がってしまったとしても、株価には影響が及ばないケースも多々ある訳です。
例えばインフレによって資産価値が半分になってしまう場合、300万円の現金は150万円相当になってしまうでしょう。資産が半減してしまう訳です。
ところが上記のように100万円分だけ株にしておけば、ダメージを少なくする事ができます。確かに200万円分の現金は100万円にまで減ってしまいますが、株券の価値は依然として100万円のままになると想定されますから、たとえインフレになっても資産は200万円相当になる訳です。現金のまま放置しておくよりは、50万円ほどお得になります。

インフレになると株価は上昇しやすい

厳密には、インフレは株価にも影響を及ぼします。経済情勢が変化する訳ですから、株価も下がってしまう可能性も実際あります。
しかしインフレが発生した後は、実際は景気が上向くケースも多いです。確かに貨幣の価値は下がってしまいますが、物価は上昇してくれる訳ですから、企業にとっては歓迎すべき事態になる傾向があります。
つまりインフレになれば、却って株価が上昇すると想定される訳です。ですからインフレが心配な時は、株取引も前向きに検討してみる方が良いでしょう。